お電話でのお問い合わせ

Blog How to

見学随時受付中

体験入学受付中

HOME // ブログ // ジャンベの選び方

Blog How to

CATEGORY

  How to

ジャンベの選び方


アフリカンたいこ教室では、ジャンベの購入を検討するのは、手を痛めない正しいジャンベの叩き方が習得でき、ご自身の手と相性の合うジャンベの形や、音の好みも分かってきて、どうしても欲しくなってから、とお伝えしています。

目次

ジャンベの標準的なサイズ

西アフリカの民族楽器ジャンベの標準的な高さは60~65cmです。55cm位のジャンベもありますが、座って叩くときには、65cm位の方が叩きやすいです。

打面の直径は男性で約30cm、女性で28cm位が適当でしょう。これよりも小さい物になると、ベース音の音程が高くなって行き、ベーストーン、オープントーン、スラップの3音色の音程の幅が狭まってしまいますので、アフリカンたいこ教室ではお勧めしておりません。

ジャンベが作られている国

西アフリカのギニア、マリ、コートジボアール、セネガル、ブルキナファソ、のいずれかで作られたジャンベ、もしくは組み上げる前の状態でこれらの国からボディと皮を輸入し、日本で組み上げられたジャンベ。いずれにしても、これら西アフリカ由来のジャンベが音色の面でお奨めです。

西アフリカの物かどうかは、ジャンベを下から覗いてみるとよく分かります。西アフリカ以外のものは、ボディ内側がロクロで綺麗に仕上げられています。西アフリカの物は内側も手彫りで削った跡があります。これがコンサートホールの反響板のような役目を果たし、余分な残響を無くしてくれるのです。

ジャンベの木の種類と特徴

1) ゲニ(バラフォン)

バラフォンに使われる木目の美しい木で、木自体を叩くと、硬質なとてもいい音がします。ジャンベの音色は、ベース音やオープントーンの中低域が太く締まった音で、高域のスラップは艶とキレがあります。やや重量感があり、中低域と高域の分離がよい洗練された音のものが多いです。

2) ディンブ

セネガルのジャンベに使われる木で、重量感があります。私のジャンベでは、太く締まったベース音で、スラップは金属的な響きがします。

3) レンケ

ギニアのジャンベの代表的な木で、明るい印象の音色のものが多いと感じます。

4) アカジョ

マリのジャンベによく使われ、重量感があります。太い低音で硬質な音の印象のものが多いと感じます。

5) ドゥグラ

ギニアやマリのジャンベで使われます。音のバランスがいいものが多いと感じます。

6) イロコ

コートジボワールのジャンベに使われます。あたたか味のある音色です。オープントーンは、コロコロとした音の印象で、スラップは尖すぎない音です。

7) トゥエネボア

ガーナのパンロゴという太鼓に使われる非常に軽い柔らかな白木の材です。ジャンベで用いると、太さや芯の硬さがない軽い印象の明るい音色になることが多いと感じます。アンサンブルの中に入ると音が埋もれる可能性もあります。

ジャンベを選ぶ際の注意点

先にもお伝えいたしましたが、ジャンベを求めるには、先ず手を痛めない正しい叩き方を習得するのが先決です。
手を痛めない正しい叩き方が身につくと、ご自身の手と太鼓の相性が合うものを選ぶことが出来ます。また音色の好みも見えてきます。
叩き方が身につく前に相性の合わないジャンベを求めてしまうと、結局手放して買い直す必要があり、とてももったいないので、くれぐれもご注意下さい。

1) 重さと状態

ボディにヒビ等がなく、皮には傷がないことを確認し、重過ぎなくて好みの音のものを選ばれると良いと思います。
重いジャンベは、確かにいい音のするものが多いですが、立って担いで演奏する際や持ち運びのことも考慮に入れると、重すぎずいい音のするものの方がいいかもしれません。

西アフリカのジャンベは、同じ工房で作られたものであっても手作りの為、1台1台違いますので、お店で実際に叩いて選ぶ事が大切です。目利きの出来る詳しい店員さんがいるお店で見るのが安心です。

2) 本当に気に入った良い物を1台

西アフリカの民族楽器ジャンベも、ヴァイオリンなどと同様、演奏し続けていると木がどんどんいい音になって行きます。皮は破れたりして交換していくものですが、木は何世代も使い続けられます。
良い物を求め、できるだけ叩いてあげてください。
万一、叩かなくなったら、叩く人に活かしてもらうとジャンベも喜ぶでしょう。

3) ジャンベケースとストラップ

ジャンベ購入時に、ケースと4mの長さのジャンベストラップも合わせて求めると良いです。
失敗しないジャンベケースの選び方も参考になさって下さい。
ストラップは長すぎると不便ですので、長い場合はお店で4mの長さに切ってもらいましょう。立って演奏する時はもちろん、座って叩くときも役に立ちます。

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧